siroh.net

サラリーマンが独自で収入を得るための日々備忘録

メルカリ 副収入

メルカリ 送るときは何便で?

2017/07/03

メルカリ 送るときは何便で?

実は登録して半年、なぜ積極的にやらなかったのかというと、
一手間が面倒、ということも確かにあるけれど、
成立してからどうやって送ればいいのか、見当がつかなかったから。

そりゃ取引成立するわけないよね。
取引されることにビビりながら出品していちゃ。

いくつかようやく売れるようになり、使用している送り方は主に、
クリックポスト便とメルカリ便。

 

で、それぞれに特徴がありまして、
まずクリックポスト便。

サイズの制限(厚み3cm以内、幅25cm以内、長さ34cm以内)があるとはいえ、
全国一律164円ととにかく安い!
ネットで運賃決済可能!
自宅で宛名がプリントアウトできる!
ポストに投函すれば発送おしまい!
郵便受けに配達ですが、番号で追跡できる!

とメリットは高いです。

手書き文字が下手な私にとって、
宅配便の自筆記入はかなり苦痛でした。

それが自宅でプリントアウトできるなんて、
このサービスを使わない手はない!と思ったものです。

 

がこのサービスを受けるには一手間かける必要がありまして、
それは Yahoo! JAPAN ID が必要であること。

一見ハードルが高そうに見えますが、なんてことない、
実際には簡単に取得できます。

その一手間を、なかなかやらずに先延ばししてしまっていたんですね。

 

次にらくらくメルカリ便。

ちょっとわかりにくいですが、一口にらくらくメルカリ便と言っても、
実は3つのパターンがあって、ネコポス、宅配便コンパクト、宅配便、と大きく分けられます。

 

おそらく、ですが、送料込みの値段の方が、メルカリは取引成立しやすいと感じています。
支払う金額が明快で、安心感が得られるから。

でも当然のことながら、送料を頭に入れて、値付けをする必要があるから、
安い単価のものには特に注意が必要です。

例えば100円の価値があると感じるものをを手に入れたい場合、
そこで送料が200円かかるとして、送料込み300円を支払ってでも、
その商品が欲しいと感じられるのかどうか、ということ。

その辺を意識しながら、メルカリ出品を続けています。

-メルカリ, 副収入
-, , , , , , ,